デジタルもぐらの主要な機能はそのままに、お求めやすくデジタルもぐら 3022 登場
気象庁 新基準 ハイブリット配信 PLUM法 に対応
災害用として期待されている ワイドFM に対応
信頼の証 MADE IN JAPAN
ランニング費用 永久¥0 (電気料金を除く)
5年更新などの契約更新が不要   プロバイダー料やNTT回線使用料などが不要
災害にも強い! FM波を利用するから、大地震でネット回線が切れても、余震情報を入手!
山間僻地・海岸・海上でもFM波が届けば使用可能!
最大震度5弱以上(地震警報)の大地震の時だけお知らせ。
津波警報・自治体要請のミサイル発射などの避難指示(勧告)緊急警報放送に対応
構内への一斉放送が可能    非常放送設備への接続もできる!
ミキサー機能、プリアンプ機能搭載
緊急地震速報・緊急警報放送のメッセージ内容や、報知音の選択が可能!
いつでも、ボタン操作で、避難訓練が出来る!   避難訓練の音声も選択可能
外国語放送が可能!  設置環境などに合わせた音声の変更も可能!
揺れている間、揺れが収まってから、それぞれ別のアナウンスを放送 (オプション)
サイネージ、クライアントPCへの警報の割込表示 (オプション)
心臓部分であるNHKチャイム音検出ディバイスは、NHK放送技術研究所との共同開発
 
本家本元!   だから正確、安心、確実!

 
 
価格/オプション  
特徴/機能     
発報音声パターン
運用/活用/訓練
導入/設置環境  
仕様書/警報動作
外部入出力    
製品比較表    
ダウンロード    
 Q & A      よくある質問
 
 
世界初、日本初、業界初 「デジタルもぐら」
 ISO22301認証取得企業生産による緊急地震速報装置
気象庁 緊急地震速報 受信機 デジタルもぐら
気象庁 緊急地震速報 保守無料 利用料無料
デジタルもぐら シリーズ
もぐら 3311
もぐら 3022
支持率 導入実績 NO1
ミサイル避難命令にも対応!
気象庁 緊急地震速報 受信装置
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
Jコーポレーション 地震速報 緊急地震速報
型番 DM-ER3022J
機種ごとの違いは何? どれを選んだらいいの?
気象庁 緊急地震速報 受信装置
デジタルもぐら」は、東北地方の復興を応援しています。
気象庁 緊急地震速報 受信機 デジタルもぐら
気象庁 緊急地震速報 保守無料 利用料無料
お答えします! コチラからどうぞ!
受信方式の違い 地震速報の種類の違い 費用の違い
プラム法(PULM法)対応
外国語放送も可能
外国語放送などオリジナル音声も可能
プラム法(PLUM法)について
価格/オプション  
特徴/機能     
発報音声パターン
運用/活用/訓練
導入/設置環境  
仕様書/警報動作
外部入出力    
製品比較表    
ダウンロード    
 Q & A      よくある質問
地震対策 デジタルもぐら DM-ER3022J