「デジタルなまず」
「デジタルもぐら」
「スーパーラビット」
 
 
「デジタルもぐら」 「デジタルなまず」 「スーパードラゴン」に関するお問合せは、コチラから
「デジタルもぐら」 「デジタルなまず」 「スーパードラゴン」に関するお問合せは、コチラから
「デジタルもぐら」 「デジタルなまず」 「スーパードラゴン」に関するお問合せは、コチラから
「デジタルもぐら」 「デジタルなまず」 「スーパードラゴン」に関するお問合せは、コチラから
「デジタルもぐら」 「デジタルなまず」 「スーパードラゴン」に関するお問合せは、コチラから
製品比較表     
「デジタルもぐら」 「デジタルなまず」 「スーパードラゴン」に関するお問合せは、コチラから
  
 
 
気象庁 緊急地震速報 受信機 デジタルもぐら
気象庁 緊急地震速報 デジタルもぐら
津波警報を瞬時にお知らせ! 東海地震警戒宣言も警告!
受信方式の違い 地震速報の種類の違い 費用の違い
気象庁 一般向け緊急地震速報
デジタルもぐらは、ジェイコーポレーションの登録商標です
ミサイル避難命令にも対応!
DM-ER3311J
DM-ER3022J
お答えします! コチラからどうぞ!
デジタルもぐら シリーズ
 
 
終了商品となります
3022 J  をご利用下さい
「スーパードラゴン」
「直下ドラゴン」
[リアルタイム震度計」
「モバイルもぐら」
「スーパーなまず」
支持率 導入実績 NO1
     
気象庁 緊急地震速報 受信装置

デジタルもぐら 緊急地震速報 無料

デジタルなまず 究極のランニングコスト 0円 無料
J コーポレーション
★地震対策を直ぐにでも実施したいが、コストが高いので

★毎月のランニングコストを無料にしたい

★日本中に多くの拠点があるので、安く配備したい


★震度4以上の地震が分かればいい

★誤報を限りなくゼロにしたい

★巨大地震によるインターネット回線の麻痺が心配

★放送設備とも自動連動し、一斉放送をしたい

★地震発生後の余震や被害に関する情報をリアルタイムで


★津波警報をいち早く知りたい

★自動ドアやエレベータの制御もしたい

★インターネット回線がない環境で利用したい


★山間部や海上で使いたい
デジタルもぐら」は、東北地方の復興を応援しています。
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
機種ごとの違いは何? どれを選んだらいいの?