東日本大震災 緊急地震速報の通報記録

緊急地震速報 受信装置 ラインナップ

機種選定について

ハイブリット仕様をお勧めします
インターネット FM電波 比較表
インターネットで緊急地震速報 対応機種
「スーパーなまず」
品名: スーパーなまず  型番: DN-SH600J  本体価格: 248,000円
速報区分: 高度利用者向け 緊急地震速報
津波警報: 津波注意報・津波警報・大津波警報に対応
受信方式: インターネット
PLUM 法: 未対応(従来法による配信)
保守費用: 別途必要(保守内容
デジタルなまずV2の上位機種 液晶パネル 無線子機対応 通信監視システム 拡張性
インターネット受信端末の製品比較表はコチラから
機種選定アドバイスのダウンロード
FM電波受信端末(デジタルもぐら) エリアメール との違い
PLUM法及びハイブリット配信 対応機種
気象庁の新しい配信システムであるPLUM法及びハイブリッド配信がスタートしました。
ハイブリッド配信とは、従来手法による予測震度・猶予時間、及びPLUM法(プラム法)による予測震度をミックスし、より精度の
高い緊急地震速報を配信するシステムです。
ハイブリット配信を利用すれば、精度の高い予測震度だけでなく、直下型地震や深発地震(150Km以上の深い場所で発生した
地震)においても、警報の発表が可能となりました。  PLUM法及びハイブリット配信に関しての詳細はコチラ
以下が対応機種となります。
FM電波で緊急地震速報 対応機種
一般向け 緊急地震速報 対応機種
FM電波で津波警報 対応機種
受信端末ラインナップ
インターネットで津波警報 対応機種
支持率 導入実績 NO1
総合提案書を参考にして下さい
緊急地震速報 受信端末のご購入に際しては確認事項の同意が必要となります。
緊急地震速報の受信方式について
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
デジタルもぐら提案書を参考にして下さい
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
携帯電話によるエリアメールなどは、テレビと同様の一般向けの緊急地震速報に分類されます。
日本を県単位レベルに分割した広域情報が配信されますが、それぞれの地域に対しての予測震度や地震到達までの猶予時間は
配信されません。

同じ県内でも震源地からの距離により震度は異なり、場所によって地盤の固さも異なります。
携帯では、携帯を所持している場所から震源地までの距離や地盤は考慮しませんが、高度利用者向け受信端末では、設置場所の
緯度・経度、地盤増幅率(地面の硬さ情報)を登録することで、正確な予測震度・猶予時間の算定が可能となります。

高度利用者向け受信端末では、予想される震度や猶予時間を判別して、自動的に館内一斉放送をしたり、エレベーター、自動ドア、
回転灯、その他の外部機械を震度ごとに個別に制御することができます。

高度利用者向け受信端末では、緊急地震速報の速報を受けたい震度を指定し、地震速報を受信する時間帯や曜日などを指定する
ことができます。

携帯では、一斉避難訓練を実施することはできませんが、高度利用者向け受信端末では、避難訓練の一斉実施をすることができ
ます。  地震が到達する前のわずかな時間を有効に活用するためには、一斉避難訓練がとても大切です。

携帯の場合には、低い震度で通報することが増えるため、情報への慣れと、情報への信頼性が低下し、避難行動に結びつかないこと
が多くなるので注意が必要です。

同じ一般向け緊急地震速報である、デジタルもぐらと比較した場合、
携帯では、震度1、震度2程度で警報が出るともありますが、デジタルもぐらでは、概ね震度3〜震度5弱以上の揺れが予想される
場合のみお知らせします。
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
「もぐら 3311J」
「もぐら 3022J」
FM電波 機種ラインナップ
品名: デジタルもぐら  型番: DM-ER3311J  本体価格: 124,000円
速報区分: 一般向け 緊急地震速報
津波警報: 受信する放送局により可能(津波警報・大津波警報)
受信方式: FM電波(ラジオ放送局)
PLUM 法: 対応(ハイブリット配信)
保守費用: 不要
FM電波タイプの最高峰 液晶表示 19インチラック収納 拡張性に優れています。
3022Jとの製品比較表はコチラから
配信スピード: デジタルもぐらのほうが、携帯より、早く地震警報をお伝えすることができます。
予測震度: 携帯では、震度1、震度2程度で警報が出るときもありますが、デジタルもぐらでは、概ね震度3〜震度5弱以上の
         揺れが予想される場合のみお知らせします。  (携帯もデジタルもぐらも、具体的な震度はお知らせしません)
避難訓練: 携帯で従業員、職員、生徒などに対しての一斉の避難訓練は出来ませんが、デジタルもぐらなら、放送設備と接続
         することで、館内一斉放送による避難訓練を実施することが出来ます。
機器制御: 携帯電話で外部機器などの制御をすることは出来ませんが、デジタルもぐらを利用すれば、緊急地震速報の受信と
         同時に放送設備と連動、回転灯、電光掲示板、自動ドア、エレベーターなどの外部機器の制御することが出来ます。
東日本大震災においては、東京に設置したインターネットタイプである高度利用者向け緊急地震速報が、猶予時間60秒、震度3を通報。
さらに、高度利用者向けが30秒後に、地震情報を修正、猶予時間30秒、震度5弱を通報。
その後、一般向けであるデジタルもぐらが発報、遅れてテレビ・携帯電話が地震を通報しました。
※高度利用者向け: デジタルなまず、スーパーなまず、スーパードラゴン、スーパーラビット
※一般向け: デジタルもぐら 3311J、デジタルもぐら 3022J
インターネット・FM電波 発報音声 (QRコード対応)
「もぐら 3311J」
「もぐら 3022J」
「スーパードラゴン」
「スーパーなまず」
「デジタルなまず」
「スーパーラビット」
「スーパーラビット」
「もぐら 3022J」
発報基準となる場所
FM波では県内・複数県内の全ての場所をひとつの場所とみなし、県内・複数県の全ての場所に対して同じ地震情報を配信します。
インターネットでは、お客様の指定住所に対しての地震情報を配信 (お客様住所の緯度・経度及び地盤増幅率を登録
発報基準となる震度閾値
FM波の放送カバー範囲では、お客様の場所により震度2以上の揺れが予想されますが、お客様が知らせてほしい震度を選択する
ことはできません。  (震度情報そのものを配信していません、地震の到来だけをお知らせするものです)
インターネットでは、お客様が知らせてほしい震度を設定することができます。
予測震度
FM波では、お客様の場所に対しての予測震度はお知らせできません。
インターネットでは、お客様の設置場所に対しての具体的な予測震度をお知らせします。 (震度1 〜 震度7で設定が可能)
予測猶予時間
FM波では、地震が到達するまでの猶予時間はお知らせできません。
インターネットでは、地震が到達するまでの具体的な猶予時間を、秒単位でお知らせします。
保守料
FM波では、保守料は不要。
インターネットでは、一般的に保守料が必要となります。
通信状態保守
FM波では、受信端末とラジオ放送局の通信状態を監視することはできません。
インターネットでは、緊急地震速報の配信サーバーとお客様の機器との接続状態を監視することができるので、回線切断時には
速やかに通信状態の復旧が可能となります。 (メールとお電話でお知らせします)
本体修理保守
FM波では、機器が故障した場合の本体修理代金及び代替機などは有償となります。
インターネットでは、ご利用の間は本体修理代金が無償となり、代替機の貸出なども無償となっています。
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
J コーポレーション
一般向け緊急地震速報は、最大予測震度5弱以上の地震を対象とし、地震の発生時刻、震源の規模と、震度4以上となる地域名
(大阪、京都など県単位レベル)が気象庁から配信されます。
テレビ・ラジオ・携帯電話などで利用されている地震速報で、広範囲な地域(大阪、京都など県単位レベル)に対して地震が来ることだ
けをお知らせするシステムで、お客様指定場所の予測震度を個別にお知らせするものではありませんが、保守料、回線使用料などの
ランニング費用が不要なことが最大の魅力です。
「デジタルもぐら DM-ER3311J」 「デジタルもぐら DM-ER3022J」 が対応機種となります。
配信スピード    携帯 △    もぐら
予測震度      携帯 △    もぐら
避難訓練      携帯 ×    もぐら
機器制御      携帯 ×    もぐら
インターネット受信端末 エリアメール との違い
「もぐら 3311J」
「もぐら 3022J」
「スーパードラゴン」
津波警報、大津波警報を受信するためには、FM電波を受信する放送局が津波警報に対応している必要があります。
通常、緊急地震速報の受信に民放FM局を利用しますが、民放FM局は東京・静岡を除き、津波警報に対応していません。
したがって、東京・静岡以外の都道府県で津波警報を受信するためにはデジタルもぐらを2台利用します。
詳細は、弊社までお問合せ下さい。
以下が対応機種となります。
「スーパードラゴン」
「モバイルもぐら」
「スーパーなまず」
「デジタルなまず」
「デジタルもぐら」
「直下ドラゴン」
「スーパーラビット」
「スーパードラゴン」
「スーパーなまず」
受信端末の設置場所沿岸部の津波警報、大津波警報を瞬時に受信することが可能です。
全国を66区域に分けた気象庁気象庁津波予報区に対応しています。
以下が対応機種となります。
気象庁からの緊急地震速報は、ラジオ放送局を経由して、お客様の受信端末にFM電波を利用して配信されます。
お知らせする情報は、広域情報(県単位レベル)で、お客様の場所に地震が到来することだけをお知らせします。
(地震が来るまでの猶予時間や予測震度はお知らせできません)
受信端末は、自動的に館内の一斉放送をしたり、エレベーター、自動ドア、回転灯などの外部機械をコントロールすることが
できますが、予測震度に応じた機器制御などはできません。
保守料、回線使用料などのランニング費用が不要なことが最大の魅力です。
広域情報の発報デモ音声(デジタルもぐら)
緊急地震速報の配信形態として、一般向け緊急地震速報に分類されます。
以下が対応機種となります。
受信端末 登録商標
株式会社Jコーポレーション 緊急地震速報 受信端末 登録商標

デジタルなまず   スーパーなまず   スーパードラゴン   スーパーラビット   デジタルもぐら
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
気象庁からの緊急地震速報は、24時間、配信サーバーを経由して、お客様の受信端末にインターネット回線を利用して配信
されます。
お知らせする情報は、ピンポイント情報で、お客様の場所に地震が来るまでの、猶予時間と予測震度をお知らせします。
受信端末は、予想される震度や猶予時間を判別して、自動的に館内の一斉放送をしたり、エレベーター、自動ドア、回転灯などの
外部機械をコントロールできるので、自治体、企業、学校、商業施設など様々な場所で利用されています。
緊急地震速報の配信形態として、高度利用者向け緊急地震速報に分類されます。
保守費用が必要となります。 (スーパーラビットを除く)
ピンポイント情報の発報デモ音声(スーパードラゴン)
以下が対応機種となります。
品名: スーパーラビット  型番: SR-EQ300J-SV  本体価格: 248,000円
速報区分: 高度利用者向け 緊急地震速報
津波警報: 未対応
受信方式: インターネット
PLUM 法: 未対応(従来法による配信)
保守費用: 不要(保守内容
インターネットタイプの廉価版 保守費用無し(5年間利用) 大規模導入 気軽に シンプルに
インターネット受信端末の製品比較表はコチラから
緊急地震速報を受信するためには、以下の3つ方法があります。
1.インターネット回線で受信 (一般的に保守費用が発生するが、ピンポイントで予測震度・猶予時間をお知らせ)
2.ラジオ放送局のFM電波で受信 (保守費用は不要だが、県単位レベルの広域情報で、地震の到来だけをお知らせ)
3.衛星回線で受信 (受信端末や設置費用が高額、回線の利用料も高く一般的ではない。 弊社での取扱はありません)
インターネット 機種ラインナップ
「スーパードラゴン」
品名: スーパードラゴン  型番: SD-EX2000J  本体価格: 248,000円
速報区分: 高度利用者向け 緊急地震速報
津波警報: 津波注意報・津波警報・大津波警報に対応
受信方式: インターネット
PLUM 法: 対応(ハイブリット配信)
保守費用: 別途必要(保守内容
インターネットタイプの最高峰機種 19インチラック収納 外国語放送 プロキシ対応 本体内部動作監視
インターネット受信端末の製品比較表はコチラから
高度利用者向け緊急地震速報は、お客様が指定する場所の予測震度及び地震が到達するまでの猶予時間を個別にお知らせする
システムで、告知する震度を震度1〜震度7まで任意に設定することができます。
主にインターネットで情報を伝達し、予想される震度や猶予時間を判別して、自動的に館内一斉放送をしたり、エレベーター、自動ドア
回転灯、その他の外部機械を震度ごとに個別に制御できるので、自治体、企業、学校、商業施設など様々な場所で利用されています。
お客様住所地の緯度・経度及び地盤増幅率(地面の硬さ情報)を受信端末に登録するので、より精度の高い予測震度・猶予時間を
お知らせすることができます。
保守費用が必要となります。 (スーパーラビットを除く)
「デジタルなまずV2」 「スーパーなまず」  「スーパードラゴン」  「スーパーラビット」 が対応機種となります。
品名: デジタルもぐら junior  型番: DM-ER3022J  本体価格: 84,000円
速報区分: 一般向け 緊急地震速報
津波警報: 受信する放送局により可能(津波警報・大津波警報)
受信方式: FM電波(ラジオ放送局)
PLUM 法: 対応(ハイブリット配信)
保守費用: 不要
3311Jの廉価版 主要な機能はそのままに シンプルにお求めやすく
3311Jとの製品比較表はコチラから
発報 デモ音声
発報デモ音声
「もぐら 3311J」
「もぐら 3022J」
高度利用者向け 緊急地震速報 対応機種
「もぐら 3311J」
東日本大震災など大きな災害が発生すると、インターネット回線が切断されることもあり、地震速報が受信できなくなることもあります。
FM電波タイプの「デジタルもぐら」と連動すれば、インターネット回線が切断されても緊急地震速報を受信することができるようになります。
ハイブリット仕様では、通常はインターネットタイプ(なまず、ドラゴン、ラビット)の緊急地震速報を利用し、インターネット回線に障害がある
場合には、自動でFM電波であるデジタルもぐらの緊急地震速報を利用して、地震速報をお知らせすることができます。
さらなる安全のために、ハイブリット仕様をお勧めします。
※機種選定アドバイスのダウンロード
インターネット受信によるピンポイント緊急地震速報と、FM電波受信による広域緊急地震速報、及び津波警報デモ音声を視聴
すると、受信方式による違いが分かります。
各受信端末の詳細なデモ音声は、それぞれのHPの「発報音声パターン」のページを参考にして下さい。
※ 機種選定アドバイスのダウンロード
「デジタルなまず」
品名: デジタルなまず  型番: DN-SH200J  本体価格: 95,000円
速報区分: 高度利用者向け 緊急地震速報
津波警報: 未対応
受信方式: インターネット
PLUM 法: 未対応(従来法による配信)
保守費用: 別途必要(保守内容
伝説のデジタルなまずV2 支持率NO1 通信監視システム 気軽に シンプルに
インターネット受信端末の製品比較表はコチラから
「スーパードラゴン」
「スーパーなまず」
「デジタルなまず」
「スーパーラビット」