デジタルもぐら junior 3022J パンフレットのダウンロードは、コチラから

デジタルもぐら junior ジュニア 緊急地震速報

DM-ER3022J ワイドFM  津波警報

特徴・機能
デジタルもぐらjunior 3022J と デジタルもぐら 3311J  の比較表は、コチラから
ワイドFMについては、コチラから
デジタルもぐら junior 特徴・機能
ランニングコスト 0円 無料 ただ
毎月の利用料 無料 0円
気象庁 緊急地震速報

信頼の証
  
NHK放送技術研究所との共同開発
による、NHKチャイム音検出ディバイスを標準装備!
  緊急地震速報の受信装置で、最も重要なことは機器の安定性・信頼性!  
だから、圧倒的導入実績!

ハイブリット配信 PLUM法 対応

  気象庁 新配信システム ハイブリット配信 PLUM法プラム法に対応!
  より正確な予測震度、直下地震への対応、深発地震への対応
が可能となりました。

ワイドFM対応
  災害用としても大きな期待がよせられている、AM放送のFM版(ワイドFM)の放送が全国的に開始されました。
  これにより、緊急地震速報だけでなく、津波警報などを受信することができる放送局が増えました。


●ランニング費用永久0円! (電気料金除く) 
  デジタルもぐらは、FMラジオからのFM電波による情報を受けるので受信費用は0円。
  5年更新などの契約更新が不要、プロバイダー料不要、回線使用料不要、サーバー利用料も不要。


●大地震の時だけ、お知らせします。
  最大震度5弱以上(地震警報)の時だけ、お知らせします。  (放送局によっては、震度5強以上の場合もあります)


●FM電波を利用するから災害にも強く、あらゆる場所で受信が可能!
  大きな災害時にインターネットなどがマヒすると、インターネットタイプの受信装置(なまず、ドラゴン、ラビット)などは、
  地震速報を受けることが出来ません。
  「デジタルもぐら」は放送局のFM電波を利用して緊急地震速報を受信するので、インターネットがマヒしても大丈夫!
  山間僻地や、海岸、海上でもFM波が届けば警報受信が可能!   インターネット不要!


●制御機能(接点出力)搭載!
  デジタルもぐらの警報で、館内一斉放送、パトライト点灯、エレベーター制御などの自動連動が可能。

●緊急地震速報だけでなく、緊急警報放送(EWS)受信に対応!
  緊急地震速報だけでなく、緊急警報放送である津波警報や東海地震警戒宣言を受信することができます。
  「津波警報だけ」、「東海地震警戒宣言だけ」、など個別の受信設定も可能。
  自治体からの要請で放送するミサイルなどの避難命令の受信が可能

●3022J ジュニアだけの機能!  津波警報で瞬時に機器制御!
  3022J ジュニアは、津波警報のみの受信が可能!  津波警報で、水門やバブルなどの制御制御が可能に。

●定型音声 標準搭載!
  「デジタルもぐら junior」 の発報時の警報音声は、ラジオ音声以外に定型メッセージ音声も選択可能。
  緊急地震速報、緊急警報放送(津波など)、それぞれ個別にメッセージ設定が可能。

●音声遅延機能 搭載!
  接続するアンプの起動時間に合わせた、外部出力音声の遅延制御が可能!

●音声切替・プリアンプ機能搭載。
  チャイム音声などの入力端子があるので、入力放送設備の改修工事費用を最小限に抑えられます。
  また、外部出力音声のボリューム調整が可能!

●緊急地震速報及び緊急警報放送の発報確認
  緊急地震速報及び緊急警報放送(津波など)の警報受信により 「デジタルもぐら」が警報発報したことを本体で
  確認することができます。

●緊急警報放送 試験放送の受信確認
  NHKでは、毎月、緊急警報放送の試験放送を行っています。
  この試験放送を受信することで、デジタルもぐら本体の安定稼働を確認することができます。
  試験放送の受信状態は、本体で確認することができます。

●受信レベルを大幅改良!  受信感度・周波数表示機能を追加!
  さらなる受信レベルの改良で、外部アンテナの接続奨励を緩和いたしました。
  受信感度の表示機能や受信周波数の表示機能も追加。


●受信感度及び受信周波数を常時表示します。
  受信感度、設定されているFM局周波数の状態が常に表示されているので、安心です。

●防災訓練、試験放送もできる!
  本体のボタン操作で、いつでも防災訓練・試験放送の実施が可能。

試験放送を柔軟に運用
  試験放送をすることで、デジタルもぐらと放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)
  などとの連動確認を行うことが出来ます。
  連動確認をするための通常の訓練放送とは別に、メロディーによる連動確認が可能となりました。


●外国語放送、オーダー音声なども可能!
  外国語放送、多言語同時放送など、特殊な音声放送にもカスタマイズ可能!
  音源(音声)の書換にの詳細はコチラから

●サイネージ、PCへの警報割込表示 (オプション)
  
タイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、警報情報の割込表示が可能となります。
  さらなる活用範囲が広がりました。
   詳細はコチラから

●MADE IN 東北 品質にも自信があります。
  常時電源ONの機器だから、長期安定性を重視。   世界最高品質 日本ケミコン製 電解コンデンサ 採用!
  MADE IN JAPAN 「がんばれ東北!」   デジタルもぐらは、東北沿岸部から、まごころ込めてお届けしています。


●ISO22301 限りなき「安心」への挑戦!
  緊急地震速報の検出コア技術では、50万台以上の圧倒的実績を持つデジタルもぐらシリーズ!
  世界初! ISO22301認証取得企業生産による緊急地震速報装置として、限りなき「安心」へ挑戦しています。

J コーポレーション
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
緊急警報放送とは
緊急警報放送とは
テレビ、ラジオなどの放送波に特殊な信号を割り込ませ人命や財産に重大な影響のある災害情報をいち早く知らせるための
放送です。
(1985年9月1日から運用)
発信条件は
○東海地震の警戒宣言が発せられた場合 (第1種信号)
○津波警報が発せられた場合  (第2種信号)
○地方自治体の長から、ミサイル発射などの避難命令などの放送の要請があった場合 (第1種信号)

津波警報・注意報、津波情報、津波予報について
地震発生後、津波による災害の発生が予想される場合、順次津波警報・注意報、津波情報を発表しています。

津波警報・注意報
津波による災害の発生が予想される場合に、地震が発生してから約3分(一部の地震については最速2分以内)を目標に
津波警報(大津波、津波)または津波注意報を発表します。

津波情報
津波警報・注意報を発表した場合、津波の到達予想時刻や予想される津波の高さなどをお知らせします。

津波予報
地震発生後、津波による災害が起こるおそれがない場合には、内容を津波予報で発表します。
「デジタルもぐらが」提供する一般向けの緊急地震速報
デジタルもぐらが提供する一般向け緊急地震速報は、予め気象庁で全国の震度観測点の揺れの大きさや到達時刻を計算し、
2点以上の地震観測点で地震波が観測され、かつ、最大震度が5弱以上と予測された場合、震度4の地域を含めて「警報」と
して発表されます。
発表する内容は、具体的な推定震度や猶予時間は含まれず、日本全国を約200の地域に分割し、大きな揺れが到達すると
予想された地域名が発表されます。
原則として一つの地震に対し一回のみ発表されます。
気象庁 日本全国の約200の震度速報 区域表
一般向け緊急地震速報 と 高度利用者向け緊急地震速報
配信スピード: デジタルもぐらのほうが、携帯より、早く地震警報をお伝えすることができます。
予測震度: 携帯では、震度1、震度2程度で警報が出るともありますが、デジタルもぐらでは、概ね震度3〜震度5弱以上の
         揺れが予想される場合のみお知らせします。  (携帯もデジタルもぐらも、具体的な震度はお知らせしません)
避難訓練: 携帯で従業員、職員、生徒などに対しての一斉の避難訓練は出来ませんが、デジタルもぐらなら、放送設備と接続
        することで、館内一斉放送による避難訓練を実施することが出来ます。
機器制御: 携帯電話で外部機器などの制御をすることは出来ませんが、デジタルもぐらを利用すれば、緊急地震速報の受信と
         同時に放送設備と連動、回転灯、電光掲示板、自動ドア、エレベーターなどの外部機器の制御することが出来ます。
デジタルもぐら
配信スピード    携帯 △    もぐら
予測震度      携帯 △    もぐら
避難訓練      携帯 ×    もぐら
機器制御      携帯 ×    もぐら
携帯電話(エリアメール) デジタルもぐら との違い
携帯電話
エリアメール
緊急地震速報
緊急地震速報
もぐら 3311J
もぐら 3022J