気象庁から発令された一般向け緊急地震速報は、ラジオ放送局を経由して「デジタルもぐら」にFM電波で配信されます。
広範囲な地域(大阪、京都など県単位レベル)に対して地震が来ることだけをお知らせするシステムで、お客様指定場所の予測震度を
個別にお知らせするものではありません。
受信する放送局によっては、緊急警報放送(EWS)を利用して津波警報を受信したり、ミサイル発射など自治体の避難指示(勧告)を
受信することができます。
デジタルもぐらを利用して、放送設備や、エレベーター、自動ドア、回転灯などの外部機械を制御することができます。
保守料、プロバイダー料、NTT回線使用料などは不要!
デジタルもぐら DM-ER3311J の外観図、緊急地震速報を受信した時の動作状態を映像と音声でご紹介
発報音声に関しての詳細は 「発報音声パターン」を参考にして下さい。
の環境でご利用下さい
ランニングコスト 0円 無料 ただ
毎月の利用料 無料 0円
気象庁 緊急地震速報
緊急地震速報
速報区分: 一般向け 緊急地震速報    ※速報区分についての詳細はコチラ
津波警報: 受信する放送局により津波警報の発報が可能    ※緊急警報放送 
受信方式: FM電波(ラジオ放送局)     ※受信方式についての詳細はコチラ
PLUM 法: ハイブリット配信      ※PLUM法(プラム)についての詳細はコチラ
保守費用: 不要
特徴: FM電波タイプの最高峰 液晶表示 19インチラック収納 拡張性に優れています   ※デジタルもぐら 製品比較表はコチラ
J コーポレーション
デジタルもぐら 3311J 特徴・機能
特徴・機能
デジタルもぐら 3311Jとは
緊急地震速報
信頼の証
  
NHK放送技術研究所との共同開発による、NHKチャイム音検出ディバイスを標準装備!
  緊急地震速報の受信装置で、最も重要なことは機器の安定性・信頼性!  だから、圧倒的導入実績!

ハイブリット配信 PLUM法

  気象庁 新配信システム ハイブリット配信 PLUM法プラム法に対応!
  より正確な予測震度、直下地震への対応、深発地震への対応が可能となりました。


ワイドFM対応

  災害用としても大きな期待がよせられている、AM放送のFM版(ワイドFM)の放送が全国的に開始されました。
  これにより、緊急地震速報だけでなく、津波警報などを受信することができる放送局が増えました。


●ランニング費用永久0円!
 (電気料金除く) 
  デジタルもぐらは、FMラジオからのFM電波による情報を受けるので受信費用は0円。
  5年更新などの契約更新が不要、プロバイダー料不要、回線使用料不要、サーバー利用料も不要。

●大地震の時だけ、お知らせします。

  最大震度5弱以上(地震警報)の時だけ、お知らせします。  (放送局によっては、震度5強以上の場合もあります)

●FM電波を利用するから災害にも強く、あらゆる場所で受信が可能!
  大きな災害時にインターネットに障害が発生すると、インターネットタイプの受信装置(なまず、ドラゴン、ラビット)などは、
  地震速報を受けることが出来ません。
  「デジタルもぐら」は放送局のFM電波を利用して緊急地震速報を受信するので、インターネットがマヒしても大丈夫!
  山間僻地や、海岸、海上でもFM波が届けば警報受信が可能!   インターネット不要!

●館内一斉放送やパトライト点灯など、制御出力機能搭載!
  スピーカ、パトライト、放送設備、エレベーターなどへの接続など外部機器を制御出来ます。
  緊急地震速報及び緊急警報(津波警報など)、それぞれ別に接点信号を出力

●報知音が選択可能!

  警報音声の報知音(冒頭音)に、NHKのチャイム音、リアルタイム地震情報利用協議会のREIC音の選択が可能に。

●警報メッセージ音声が選択できる!  オプションで、オリジナル音声放送も可能!

  地震・津波などの警報音声が、ラジオ音声の他、複数の定型音声(7種類)から選択が可能。
  オプションでお客様のオリジナル音声の放送も可能に!

●津波警報など、緊急警報放送(EWS)受信に対応!

  津波警報や、ミサイル発射など自治体からの避難指示(勧告)の受信が可能。 (緊急警報放送)

●防災訓練、試験放送もできる!
  本体のボタン操作で、いつでも防災訓練・試験放送の実施が可能。

●緊急地震速報及び緊急警報放送の発報確認
  緊急地震速報及び緊急警報放送(津波など)の警報受信により 「デジタルもぐら 」が警報発報したことを本体で確認する
  ことができます。

●緊急警報放送 試験放送の受信確認
  NHKでは、毎月、緊急警報放送の試験放送を行っています。
  この試験放送を受信することで、「デジタルもぐら」本体の安定稼働を確認することができます。
  試験放送の受信状態は、本体で確認することができます。

●音声遅延の制御機能搭載!

  接続する放送設備のアンプ起動に合わせた遅延制御が可能に。

●音声切替・プリアンプ機能搭載!

  緊急時の音声自動切替、プリアンプ機能標準搭載により、放送設備の改修工事費用を最小限に抑えられます。

●デジタルもぐら×2台接続で、ダプルチューナー仕様に!

  緊急地震速報とEWSを別々の放送局で設定して運用することが可能になりました。

●高度利用者向け受信機の入力端子搭載!

  「デジタルなまず」などの高度利用者向け緊急地震速報 受信装置との接続が可能。
  災害時の通信の二重化など、さらなる安心感をプラス。

●受信レベルを大幅改良!  受信感度・周波数表示機能を追加!

  さらなる受信レベルの改良で、外部アンテナの接続奨励を緩和いたしました。
  受信感度の表示機能や受信周波数の表示機能も追加。

19インチラック対応!

  据え置きだけでなく、19インチラックに収めることで耐震性を高め、メンテンンスを容易にします。 (オプション)
  19インチラックの詳細はコチラから

試験放送を柔軟に運用
  試験放送をすることで、デジタルもぐらと放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)などとの
  連動確認を行うことが出来ます。
  連動確認をするための通常の訓練放送とは別に、メロディーによる連動確認が可能となりました。

●外国語放送、オーダー音声なども可能!
 
 外国語放送、多言語同時放送など、特殊な音声放送も可能! (オプション)
  音源(音声)の書換にの詳細はコチラから

揺れている間は安全確保、揺れが収まったら避難指示、それぞれ別々のアナウンスを放送
  地震が到達すると、揺れが始まり、徐々に激しくなり、最大の揺れとなり、その後、徐々に揺れが収まってきます。
  揺れている時間は、地震の特徴や規模などにより異なりますが、3分以上揺れ続けていることもあります。
  揺れている間は、身の安全を確保することが最も需要なことで、避難を開始することではありません。
  したがって、揺れている間は「身の安全を確保するアナウンス」を流し続けることが重要です。
  激しい揺れが継続しているのに放送が終了したり、すでに揺れが収まっているのにまだ放送を続けたりすることは、新たなる
  2次災害を発生する原因となります。
  また、 揺れが収まったら放送内容を変更し、「緊急対応の指示や避難誘導のアナウンス」をすることが大切です。
  リアルタイム震度計ぶるっとS波」を利用すれば、揺れている間、揺れが収まってから、それぞれ別々のアナウンスを放送
  することができます。 (オプション)
  デジタルもぐらとリアルタイム震度計を活用した放送アナウンス例
   1.地震が来る前: デジタルもぐらが緊急地震速報により「地震が来ること」を事前に放送
   2.地震が到達し揺れ始める: ぶるっとS波が警報を出し、「身の安全を確保」するアナウンスを放送
   3.揺れが収まったら: ぶるっとS波が揺れの解除信号を出し、「避難誘導」などの別のアナウンスを放送

●サイネージ、PCへの警報割込表示 (オプション)

  
タイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、警報情報の割込表示が可能となります。
  さらなる活用範囲が広がりました。    
 詳細はコチラから

●MADE IN 東北 品質にも自信があります。

  常時電源ONの機器だから、長期安定性を重視。   世界最高品質 日本ケミコン製 電解コンデンサ 採用!
  MADE IN JAPAN 「がんばれ東北!」 デジタルもぐらは、東北沿岸部から、まごころ込めてお届けしています。

●ISO22301 限りなき「安心」への挑戦!

  緊急地震速報の検出コア技術では、50万台以上の圧倒的実績を持つデジタルもぐらシリーズ!
  世界初! ISO22301認証取得企業生産による緊急地震速報装置として、限りなき「安心」へ挑戦しています。

デジタルもぐら 機能

FM電波 ラジオ放送 ER-3311 DM-ER3311J

「デジタルもぐら」 と 「エリアメール」 の違い
VS
もぐら 3022J
DM-ER3311Jの紹介動画
緊急警報放送とは、テレビ、ラジオなどの放送波に特殊な信号を割り込ませ人命や財産に重大な影響のある災害情報を
いち早く知らせるための放送です。
(1985年9月1日から運用)
ミサイル発射など、自治体からの避難指示(勧告)が発令された場合の「第1種信号」と、津波警報及び大津波警報が発令
された場合の第2種信号があります。
緊急警報放送の発令されると開始信号が送信され、警報が解除されると終了信号が放送されます。

運用が開始されてから今までに第2種の津波警報は発令されましたが、第1種は発令されていません。 (2020年5月現在)
NHK は全ての放送局で緊急警報放送(EWS)を放送していますが、民放では一部の放送局のみ放送していますので、
運用にあたっては、放送局に実施状況などをご確認下さい。
緊急警報放送とは
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
地震対策 デジタルもぐら 3022J
もぐら 3311J