緊急地震速報

デジタルもぐら  FMラジオ

使用例 応用例 運用例 放送設備と接続   ER-3021  

ミサイル避難命令にも対応!
緊急地震速報
デジタルもぐら シリーズ
DM-ER3311J
DM-ER3022J
運用例
J コーポレーション
デジタルもぐらは、ジェイコーポレーションの登録商標です
3021J 導入環境・運用例   終了商品となります
導入環境
デジタルもぐらは、FMラジオ電波の受信が安定して受けられるところであれば設置できます。
  (電波障害などでFMラジオが聞こえない場所では設置しても動作しません)
NHK放送局、民放放送局など、ラジオ局により放送形式、放送震度基準、放送内容等がことなりますので、
十分にご検討頂き受信するラジオ局をご選択ください。

 
設置場所付近にAC電源(100V)が必要です。
デジタルもぐらには、標準で専用ロッドアンテナが付属していますが、設置場所にケーブルテレビ、アナログTV、
FMアンテナなどによりFM放送を受信することが出来るのであれば、受信感度の安定性を確保するために、それ
らを利用してFM放送局を受信することをお薦めします。
気象庁 一般向け緊急地震速報
  3021 J  終了商品  
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン