●緊急地震速報・津波警報をトリガーとして、サーバーに警報を瞬時に伝達
  タイガーCALLは、緊急地震速報の受信機からの接点信号を警報のトリガーとしています。
  警報トリガーにより、タイガーCALLが瞬時に、SNMPプロトコルでサーバーに地震警報ファイルを作成します。
  お客様にご用意いただく、サーバーと各種サイネージ・クライアントPCとの連携プログラムは、ネットワーク上のTCP-IPでのファイル
  参照のみとなるので、トラブルも少なく、開発の負担も少ない方式となります。
●Jシリーズ全ての地震端末で利用が可能 
  Jシリーズ、以下の緊急地震速報 受信端末で利用ができます。 
  1.なまずシリーズ ( デジタルなまず、スーパーなまず、PCなまず )
  2.ドラゴンシリーズ ( スーパードラゴン、直下ドラゴン )
  3.スーパーラビット
  4.デジタルもぐら
  Jシリーズ以外の緊急地震速報の受信機でもご利用できますが、タイガーCALL単体での利用は出来ません。
●離れた場所へも警報通知
  
ネットワークがあれば、サーバーから離れた地点やビルへも警報の伝達が可能。
●放送設備不要、配線不要

  放送設備がなくても大丈夫。  テナントビル内の配線などの改修工事も不要。
  社内ネットワークで緊急地震速報や津波警報を警告伝達できます。   テナントビルなどにはお勧めです。
●補助ツールとして活躍
  緊急地震速報を緊急放送する設備がある事業所様でも、音の聞こえにくき場所への報知、耳に不自由がある人への報知など、
  警報告知の補助ツールとして活躍します。
●緊急地震速報だけでなく、津波警報も警告
  「スーパーなまず」、「デジタルもぐら」、「直下ドラゴン」など、津波警報を出力することができる受信端末であれば、緊急地震速報
  だけでなく、津波警報も警告伝達します。
●地震端末が発報すると、メールでもお知らせ
  警報伝達と同時に、メールでもお知らせが可能。
  ※登録できるアドレスは一つのみとなります。
    また、表示されるメールの件名は ”TCW122B-CM 2"  送信内容は ”Digital Input1 Alarm”  で固定されているため、
    メールの件名、内容などは変更できません。
●タイガーCALLとサーバーとの、接続状態の死活監視機能
  タイガーCALLとサーバーとの接続状態を監視し、異常がある場合にはエラーを表示します。
●クライアントPCの参考プログラムを提供
  クライアントPCのポップアップ表示の参考プログラムを提供させていただきます。  ご活用下さい。
緊急地震速報を割込表示!
地震発生! サイネージ・クライアントPCへ
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
Jコーポレーション デジタルもぐら
タイガーCALL
緊急地震速報

タイガーCALL サイネージ ポップアップ

デジタルサイネージへの割り込み

特徴・機能
緊急地震速報
タイガー CALL 特徴・機能
J コーポレーション