デジタルもぐらは、FMラジオ放送の緊急地震速報報知音、緊急警報放送開始音を検知して通報動作する装置です。
FMラジオ局により放送形式、放送震度基準、放送内容等がことなりますので、十分ご検討頂き受信するラジオ局をご選択ください。

NHKラジオ局   (緊急地震速報、緊急警報放送は全国の放送局で対応)  
特徴  日本全国の放送局で 緊急地震速報、緊急警報放送に対応しています。 
     日本全国のどの局でも、緊急地震速報などの放送震度基準は統一されています。 (震度5弱以上)
     放送局の中でもインフラが強固であるため、比較的災害時に強い放送局といえます。
     災害時には、災害情報を大優先で継続的に放送する
考慮する点  全国同じ情報を流す。(例 北海道で発生した地震を、東京の局でも同じ内容を流す。)
         したがって、発生した地震の情報を必ず収集できるが、地域に限定した情報のみ受けたい時には民放を利用する。

民放   (緊急地震速報は全国でほぼ対応できるが、緊急警報放送の対応は各局で異なる) 
特徴  各ラジオ局が受信できる範囲内で発生した場合に、緊急地震速報、緊急警報放送を流す。
考慮する点  緊急地震速報は地域に限定した情報を流しますが、緊急警報放送を流さないラジオ局もあります。
         また、緊急地震速報における予測震度による放送基準も異なる場合もあります。
         (NHKは震度5弱以上の地震を放送、民放によっては震度5強以上の地震を放送します。)

コミュニティーFMなど その他ラジオ局   (各局の対応はまちまち)
特徴  各ラジオ局が受信できる範囲内で発生した場合に、緊急地震速報、緊急警報放送を流す。
考慮する点  緊急警報放送や緊急地震速報を流さないラジオ局もあります。
         また、緊急地震速報における予測震度による放送基準も異なる場合もあります。
         (ラジオ局によっては放送する基準震度が異なります。)


受信設定パターン
@津波警報、東海地震警戒宣言、全国の緊急地震速報すべてを受けたい  →  NHKラジオ局
A受信地域のみの緊急地震速報を受けたい                    →  民放ラジオ局
B津波警報、東海地震警戒宣言を受けたい                    →  NHKラジオ局
C津波警報、東海地震警戒宣言を受け、受信地域のみの緊急地震速報も受けたい       
     → デジタルもぐら2台を連動し、1台はNHKで津波警報、東海地震警戒宣言を受信し、
        もう1台は民法系で緊急地震速報を運用する。

※デジタルもぐらを2台連動運用し、緊急地震速報は民放放送局で、津波や緊急警報放送はNHKで受信することをお勧めします。
受信する放送局の選択
「デジタルもぐら」は 株式会社 J コーポレーションの登録商標です
J コーポレーション
ランニングコスト 0円 無料 ただ
毎月の利用料 無料 0円
気象庁 緊急地震速報
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
緊急地震速報
Jコーポレーション デジタルもぐら
デジタルもぐらは、FMラジオ電波の受信が安定して受けられるところであれば設置できます。
FM放送が正常な状態(放送が明瞭に聞こえ、雑音の無い状態)で受信できないと検出機能が働ない場合があります。
アンテナの設置には充分注意をはらって下さい。

デジタルもぐらには、標準で専用ロッドアンテナが付属していますが、設置場所にケーブルテレビ、アナログTV、FMアンテナなど
によりFM放送を受信することが出来るのであれば、受信感度の安定性のために、それらを利用してFM放送局を受信することを
お薦めします。

アンテナの設置には、以下の方法より適切な方法を選択して運用して下さい。
緊急地震速報
* * *  デジタルもぐら ラインナップ  * * *
自治体・大規模事業所
デジタルもぐら 設置場所・受信状態について
詳細は、コチラから
デジタルもぐら

デジタルもぐら  FMラジオ

導入環境  接続環境  DM-ER3311J

導入・設置環境
  3311 J  
  3021 J  
  3022 J  
最高峰 高機能・拡張性
スタンダード 壁掛型
詳細は、コチラから
詳細は、コチラから