Jコーポレーション デジタルもぐら
緊急地震速報気象情報津波情報 をお客様の指定したメールアドレスへ配信するサービスです
スーパードラゴンをご利用のお客様には、1アカウント(1メールアドレス)無償にて配信させていただきます。

防災なまず(緊急地震速報・気象情報・津波情報)の配信日時・配信期間について
受信条件として選択可能な項目
1.配信を受ける曜日 (A・Bより選択)
  A:平日(月曜〜金曜)  月曜〜金曜に祭日がある場合、祭日も平日扱いとみなし配信されます。
  B:全日(月曜〜日曜)
2.配信を受ける時間
  配信を受ける時間を、1時間単位で指定。  (例:09:00〜24:00) 
3.配信を受ける期間
  配信を受ける期間の指定が可能。  (例:6月8日から配信開始、11月15日で終了)
※一つのメールアドレスに、緊急地震速報・気象情報・津波情報を配信するので、受取る情報によって配信期間・曜日・時間を
 別々に設定することはできません。


防災なまず 緊急地震速報メール
気象庁が発表した緊急地震速報をメールでお知らせします。
高度利用者向けの情報である緊急地震速報 第1報からの情報を基に、特定地域に地震が到達する予測時刻及び予測震度
メールでお知らせします。
携帯などのエリアメールは、日本を188地域に分割した広域情報ですが、防災なまずは、日本を4,864地域に分割した詳細情報で、
各地の予測震度、地震が到達する予測時刻をお知らせします。  
防災なまずは、緊急地震速報を限りなくピンポイント情報でお知らせします。

お客様が緊急地震速報の受信条件として選択可能な項目
1.配信を受ける地域 (A・Bより選択)
  A:全国版  全国で発生した地震の、全ての緊急地震速報を受取る。
  B:地域指定  特定地域の緊急地震速報を受取る。
2.配信を受ける震度 (以下から選択。  選択した震度以上の緊急地震速報の場合に配信)
  震度3・震度4・震度5弱・震度5強・震度6弱・震度6強・震度7
防災なまず 利用料
ご利用にあたっては、初期設定費及び年間利用料が必要となります。
契約期間は、毎年4月1日 〜 翌年3月31日の1年間となりますが、契約期間の途中からの配信は月割りとなります。
品名 型番 希望価格
防災なまず 登録費用
  申込アドレス(10以内)     1アドレス 登録費用 BN-MAIL-10 4,000
  申込アドレス(11以上)     1アドレス 登録費用 BN-MAIL-11 別途見積
年間利用料 (年額)
  申込アドレス(10以内)     1アドレス 年間利用料 BN-SERVER-10 6,000
  申込アドレス(11以上)     1アドレス 年間利用料 BN-SERVER-11 別途見積
防災なまずの配信条件について
※一つのメールアドレスに、緊急地震速報、気象情報、津波情報が配信されるので、緊急地震速報、気象情報、津波情報を、
 それぞれ別々のメールアドレスで受けるためには、三つのアドレスが必要になります。
※緊急地震速報・気象情報・津波情報の配信地域や警報条件は、個々に設定することができます。
 (配信期間・曜日・時間を除く)

防災なまず 津波情報メール
気象庁が発表した大津波警報・津波警報・津波注意報をメールでお知らせします。
全国の津波情報、または、全国を66区域に分けた気象庁津波予報区の津波情報が受け取れます。
防災なまずは、津波情報を限りなくピンポイント情報でお知らせします。

お客様が津波情報の受信条件として選択可能な項目
1.配信を受ける地域 (A・Bより選択)
  A:全国の津波情報を受取る。
  B:全国を66区域に分けた気象庁津波予報区での津波情報を受取る。
2.配信を受ける津波区分 (A・B・Cより選択)  選択した通報基準以上の場合に配信
  A:大津波警報のみ  B:津波警報以上  C;津波注意報以上
防災なまず 気象情報メール
気象庁が発表した気象特別警報、気象警報、気象注意報をメールでお知らせします。
全国の気象情報、または、特定地域(市町村単位)の情報が受け取れます。
防災なまずは、気象情報を限りなくピンポイント情報でお知らせします。
配信される気象情報としては、
特別警報・・・大雨特別警報、大雪特別警報、暴風特別警報、暴風雪特別警報、波浪特別警報、高潮特別警報
警報・・・大雨警報、洪水警報、大雪警報、暴風警報、暴風雪警報、波浪警報、高潮警報
注意報・・・大雨注意報、洪水注意報、大雪注意報、強風注意報、風雪注意報、波浪注意報、高潮注意報、濃霧注意報、雷注意報、
       乾燥注意報、なだれ注意報、着氷注意報、着雪注意報、融雪注意報、霜注意報、低温注意報

お客様が気象情報の受信条件として選択可能な項目
1.配信を受ける地域 (A・Bより選択)
  A:全国の気象情報を受取る。
  B:特定地域(市町村単位)の気象情報を受取る。
2.配信を受ける気象区分 (A・B・Cより選択)  選択した通報基準以上の場合に配信
  A:特別警報のみ  B:警報以上  C;注意報以上
  ※大雨警報・洪水警報のみの受信など、特定種類の警報のみを選択受信することはできません。
  ※地域を全国に指定し、配信区分に注意報を選択した場合、相当数のメールが配信されます。
気象情報 全国版のメール電文内容例はコチラから
気象情報 地域指定のメール電文内容例はコチラから
携帯などのエリアメールとの違い
1.防災なまず:
高度利用者向けの緊急地震速報を配信          エリアメール:テレビと同様の一般利用者向けの緊急地震速報
2.防災なまず:
予測震度、予測到達時刻をお知らせ           エリアメール:受信する場所での震度や猶予時間は不明
3.防災なまず:
配信を受ける震度の選択が可能              エリアメール:配信を受ける震度の選択は不可
4.防災なまず:日本を4,864地域に分割した
ピンポイント情報        エリアメール:日本を188地域に分割した広域情報
5.防災なまず:配信期間、配信曜日、配信時間の指定が可能     エリアメール:配信を受ける期間・曜日・時間などの指定は不可
防災なまず」 に関する、「お問合せ総合窓口」  J コーポレーション TEL 0742-53-7833
J コーポレーション
防災なまず

防災なまず 防災メール

防災メール配信  価格 機能 特徴

全国版の特徴
全国版は、気象庁が配信する全ての緊急地震速報を対象としますが、お客様が予め指定した震度に満たない地震の場合には配信
されません。
配信内容としては、震源地の位置、地震の規模、発生時間、最大予測震度などをお知らせします。
大地震発生時、自分の所在地の揺れが少ないと、つい安心してしまいがちですが、震源地付近は大きな揺れで甚大な被害を受けて
いる場合があります。
震源地の場所や最大震度などを瞬時に知ることで、後方支援体制や初動体制をいち早く確立することができます。
※全国版は、お客様所在地の震度とは関係なく、全ての緊急地震速報の震源地情報をお知らせします。
緊急地震速報 全国版のメール電文内容例はコチラから

大津波警報 気象特別警報をお知らせ!
予測震度を! ピンポイント情報をお知らせ!
防災なまず 特徴・機能・価格
緊急地震速報
地域指定の特徴
地域指定の場合は、お客様が指定した地域が緊急地震速報の対象となった場合に配信されますが、お客様が予め指定した震度に
満たない地震の場合には配信されません。
配信内容としては、指定した地域の予測震度、予測到達時刻、対象地域名と、震源地の位置、地震の規模、発生時間、最大予測
震度などをお知らせします。
複数の地域を登録すれば、各事業所の震度情報を確認したり、出張先から本社の震度情報なども確認できます。
緊急地震速報 地域指定のメール電文内容例はコチラから
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question